有名な仕手筋、加藤あきら

世の中が不況になればなるほど、一発逆転を狙って株やFXに投資する人が増えるのが世の中であります。そういう初心者を養分にすることで大多数の株の仲買人及び一部の仕手筋が生きていることは間違いないのですが、こういった世界にはさらにその上がいることでも知られており、中でも兜町の風雲児と恐れられた加藤あきらのように黒い人脈を駆使して財界の超大物と接触、彼らの窓口に納まることで世間に蠢く情報と金の流れを把握して続々と巨額の資金を得ていく。そんな存在がいるのが株という世界なのです。

けれど、彼が絡んだと表ざたになっている仕手株というものは実はそれほど多くはありません。現実は、そういった事実と虚実が入り混じった噂、さらにはその2つを上手に使ったイメージ戦略こそが、株の世界における武器になるため、彼もあえて暴力団との関係や宗教への深いかかわりも隠さずに、何をするのか分らない存在という余計な不安を世間に持たせてから、それをコントロール。彼が笑えば株式が安定し、彼が激怒すれば特定の仲買人を通じて世間の株屋が大騒ぎする。そんなイメージを植えつけたことで、日本経済が沸きに沸いたバブル時代、彼の率いた株式集団「誠備グループ」はとてつもない巨利を貪ることとなります。

しかし、その後、失われた20年がやってくると同時にインターネットという世界中の幻想を打ち砕く武器が行き渡ったことから、株式の世界からも徐々に幻想という霧が晴れていくこととなり、財界の黒幕やフィクサーといった存在は情報の海へと消えていくことになります。というのも、特定の情報こそが命だった人々が、どこの誰でもその情報を得られて全員で最適解を得るのが当然の世の中になったら、幻想が打ち砕かれるのも仕方がない話なのですから。その上で、暴対法が施行され特定宗教についても内実がさらけだされる世の中では、さすがに兜町の風雲児も鳴りを潜めるしかないのかもしれません。

有名な仕手筋、西田晴夫

株の売買で利鞘を稼ぐ人は多く、トレーダーとしての職業が確立しています。

法律に基づいた方法で株の売買をして利益を出すのであれば、何ら問題はありませんが、人為的に相場を操作して利益を得る仕手と呼ばれる投機的売買を行う人たちが存在します。

仕手とは幕代な資金を使って一気に特定の株を購入してその株価を高騰させて魅力のある株だと思わせます。他の投資者が株を購入しようとしたところで、一気にその下部を売って、売却した額を利益にするという方法です。

仕手は個人で行われることもありますが、集団で行われることもあり、それらの人達のことを仕手筋と呼びます。仕手筋に売買のターゲットにされた株は仕手株と呼ばれ、主に株価の安い銘柄や発行株数が少ないため浮動株比率が低い銘柄がターゲットにされやすい傾向があります。

最後の大物仕手筋と呼ばれた西田晴夫は、1950年に大阪で生まれました。市職員として働いていたときに株取引を覚え、証券口座などを使わずに水面下で仕手戦の指揮をとっていました。1999年にはある株式を100円台から2500円台まで急騰させて大きな話題になりました。

仕手株で稼いだ金を使うときも豪快で、愛人だった女性にはマンションを買い与えて法外な生活費を渡していました。様々な仕手株で荒稼ぎをしていたものの、2007年に大阪地検特捜部に仮装売買を繰り返ししていた金融商品取引法違反で逮捕されます。公判中に持病が悪化して倒れてしまい、2010年に控訴棄却されるものの、2011年に死去します。

金の切れ目が縁の切れ目というのか、親族が遺体を引き取らなかったため、西田晴夫と馴染みのあった投資家数人が荼毘に付して埋葬したと言われています。

大物仕手筋と言われる西田晴夫も、人生の最期は非常に寂しい終わり方ですね。

仕手筋の狙う銘柄の条件

株の初心者はつい「早く利益を上げたい」と考えてしまいがちです。
そこで株価がどんどん上がっていく銘柄に注目をしてしまいがちですが、会社の業績がそれほど良くないのに株価が急速に上がっていくのは仕手筋がその銘柄を買い占めているということです。大金を用いて仕手株集団が株を買い占めて株価を上昇させているのです。このような仕手銘柄に初心者が手を出してしまったら大損をする可能性があるのです。

仕手筋が大量に株を買い占めると株価が上昇するのですが、その上昇に乗じて一般の株主もどんどん買いを入れていくことになってさらに株価が上がります。そこで株が上がったところで仕手筋は空売りを始めるのです。大量の株を売ると株価は急落します。そこで急激に株価が下がったところで仕手筋は大儲けをします。株価の高いところで空売りをすることで下がった分が利益となるので、大儲けができるということです。しかし株価の上昇気流に乗って高値で買ってしまった一般の株主や初心者はいつの間にか急落している株価に気づき、ほとんどの場合塩漬け状態になるのです。

仕手筋が狙う銘柄は一株が100円未満の銘柄です。業績が悪く赤字が続いて株価が安い銘柄なら1000株、5000株、10000株と大量に持つことができます。そんな株価が10円でも上がれば1000株なら10000円、10000株なら10万円の利益となります。実際には仕手筋ならもっとたくさんの株を持つのですが、初心者もそのくらいの株価のものなら10000株でも買うことができます。しかし10円の下落で10万円の損失となるのです。このように業績が悪いにもかかわらず株価が上昇し、しかも一株の単価が安い銘柄には気を付けるようにし、手を出さないようにしましょう。

こうした仕手筋の情報は様々な所で囁かれますが、投資顧問会社の口コミを見ると、やはりプロの方が情報を入手するタイミングは早そうです。

仕手株とは

仕手株というのは、株価が上昇する理由が存在しない状態なのに一部の人間の恣意的な操作で株価が上場している株のことを言います。

こういった操作をする集団を仕手筋と呼び、数人からなるグループが豊富な資金を利用して仕手株を作るというのが一般的です。

仕手筋が行う操作では非常に短い期間で株価が数十倍に上がったり、下がったりというように乱高下を繰り返すので、一発逆転を好むギャンブル的な姿勢で株取引を行う層に人気があります。

仕手筋が狙う株としては、株価自体が安く、発行数が少ない空売り可能ものが対象になりやすいです。

しかし仕手筋はどの株が仕手株なのか知られてしまうと仕手戦が仕掛けけられないため、誰にも気づかれないように少しずつ購入するなどひっそりと行動するため、どれが仕手株かを判断するのは非常に難しいです。

あえて仕手株として狙われやすい株の特徴を上げるとすれば、値動きがほとんどないような低位やボロと呼ばれる株、新興企業が発行したなどの理由で価値が判断しづらい株、これまで出来高がほとんどないような株、発行数が少ない株などが挙げられます。

仕手筋のやり口としてはまず、狙った株を決め、他人に気付かれないように長い期間をかけて少しずつ株を購入していきます。

この株価が安い時期に少しずつ株を購入していく仕手のやり口を専門用語で玉集めと呼びます。

次に十分な量の株が入手できた後、玉集めと比較すると数倍になる量の株を買う事で証券会社の値上がりランクにターゲットにした株を記載するようにし、投資家に注目させるようにします、この際株を売りにも出すため、出来高も急上昇し株価を大きく動かすようにします。

これを専門用語で、玉転がしと言い、この後振るい落としと呼ばれる操作で株価を上げながら売り逃げをし大儲けをするのです。

仕手株の情報を入手するには、様々な方法がありますが、何をもってしても人脈・太いパイプが物を言います。業界歴の長いアナリストを揃えている投資顧問を利用してみるのも一つの手かもしれません。

投資顧問とは?

有名な仕手筋 加藤あきら

株式市場には様々な銘柄が上場していますが、そのなかには企業が望んでいるわけではなくとも「仕手株」になってしまう銘柄があります。仕手株とは、莫大な資金力を持った集団や個人が特定の銘柄をターゲットに定め、水面下で株式を購入してから大量の売買を行うことで人気のある銘柄だと思わせ、一般投資家がその動きに乗り株価が高騰したところで購入しておいた株式を一気に売却した額の利益を上げるもくろみが立てられている銘柄のことを指します。そして、そういった仕手株を仕込む集団や個人のことを「仕手筋」と呼び、日本の仕手筋として最も有名と言えるのが加藤あきらという人物です。
加藤あきらは1941年に相場師であった父の元に生まれ、大学卒業後に証券会社に就職して自らも株式市場で生活の糧を得る相場師になりました。しかし、証券会社での勤めは長く続かず、退職後に様々な職業を転々とします。そして、再び証券会社に就職して多くの顧客を獲得し、仕手筋としての地盤を整えていきました。
そして1977年、最初の仕手集団を立ち上げます。そして、この団体が加藤あきらのキャリアで最も有名な仕手集団に発展し、数々の仕手株で法外な利益を上げ続けました。加藤あきらと配下に置く仕手集団が関わった仕手株は、元々の株価が200円前後だったところが瞬く間に3000円前後まで上がるなど不気味なほどの急上昇を見せた銘柄が少なくありません。仕手戦は株式市場にとどまらず、場合によっては企業の発行済み株式の70%以上を買い占めて会社を乗っ取るという手法をとったこともあり、まさにありとあらゆる手段で利益を上げてきたのです。
加藤あきらは複数回にわたって逮捕されるものの、現在でも仕手筋として株式市場に影響力を及ぼしているのです。