有名な仕手筋、加藤あきら

世の中が不況になればなるほど、一発逆転を狙って株やFXに投資する人が増えるのが世の中であります。そういう初心者を養分にすることで大多数の株の仲買人及び一部の仕手筋が生きていることは間違いないのですが、こういった世界にはさらにその上がいることでも知られており、中でも兜町の風雲児と恐れられた加藤あきらのように黒い人脈を駆使して財界の超大物と接触、彼らの窓口に納まることで世間に蠢く情報と金の流れを把握して続々と巨額の資金を得ていく。そんな存在がいるのが株という世界なのです。

けれど、彼が絡んだと表ざたになっている仕手株というものは実はそれほど多くはありません。現実は、そういった事実と虚実が入り混じった噂、さらにはその2つを上手に使ったイメージ戦略こそが、株の世界における武器になるため、彼もあえて暴力団との関係や宗教への深いかかわりも隠さずに、何をするのか分らない存在という余計な不安を世間に持たせてから、それをコントロール。彼が笑えば株式が安定し、彼が激怒すれば特定の仲買人を通じて世間の株屋が大騒ぎする。そんなイメージを植えつけたことで、日本経済が沸きに沸いたバブル時代、彼の率いた株式集団「誠備グループ」はとてつもない巨利を貪ることとなります。

しかし、その後、失われた20年がやってくると同時にインターネットという世界中の幻想を打ち砕く武器が行き渡ったことから、株式の世界からも徐々に幻想という霧が晴れていくこととなり、財界の黒幕やフィクサーといった存在は情報の海へと消えていくことになります。というのも、特定の情報こそが命だった人々が、どこの誰でもその情報を得られて全員で最適解を得るのが当然の世の中になったら、幻想が打ち砕かれるのも仕方がない話なのですから。その上で、暴対法が施行され特定宗教についても内実がさらけだされる世の中では、さすがに兜町の風雲児も鳴りを潜めるしかないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です