仕手筋の狙う銘柄の条件

株の初心者はつい「早く利益を上げたい」と考えてしまいがちです。
そこで株価がどんどん上がっていく銘柄に注目をしてしまいがちですが、会社の業績がそれほど良くないのに株価が急速に上がっていくのは仕手筋がその銘柄を買い占めているということです。大金を用いて仕手株集団が株を買い占めて株価を上昇させているのです。このような仕手銘柄に初心者が手を出してしまったら大損をする可能性があるのです。

仕手筋が大量に株を買い占めると株価が上昇するのですが、その上昇に乗じて一般の株主もどんどん買いを入れていくことになってさらに株価が上がります。そこで株が上がったところで仕手筋は空売りを始めるのです。大量の株を売ると株価は急落します。そこで急激に株価が下がったところで仕手筋は大儲けをします。株価の高いところで空売りをすることで下がった分が利益となるので、大儲けができるということです。しかし株価の上昇気流に乗って高値で買ってしまった一般の株主や初心者はいつの間にか急落している株価に気づき、ほとんどの場合塩漬け状態になるのです。

仕手筋が狙う銘柄は一株が100円未満の銘柄です。業績が悪く赤字が続いて株価が安い銘柄なら1000株、5000株、10000株と大量に持つことができます。そんな株価が10円でも上がれば1000株なら10000円、10000株なら10万円の利益となります。実際には仕手筋ならもっとたくさんの株を持つのですが、初心者もそのくらいの株価のものなら10000株でも買うことができます。しかし10円の下落で10万円の損失となるのです。このように業績が悪いにもかかわらず株価が上昇し、しかも一株の単価が安い銘柄には気を付けるようにし、手を出さないようにしましょう。

こうした仕手筋の情報は様々な所で囁かれますが、投資顧問会社の口コミを見ると、やはりプロの方が情報を入手するタイミングは早そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です