仕手株とは

仕手株というのは、株価が上昇する理由が存在しない状態なのに一部の人間の恣意的な操作で株価が上場している株のことを言います。

こういった操作をする集団を仕手筋と呼び、数人からなるグループが豊富な資金を利用して仕手株を作るというのが一般的です。

仕手筋が行う操作では非常に短い期間で株価が数十倍に上がったり、下がったりというように乱高下を繰り返すので、一発逆転を好むギャンブル的な姿勢で株取引を行う層に人気があります。

仕手筋が狙う株としては、株価自体が安く、発行数が少ない空売り可能ものが対象になりやすいです。

しかし仕手筋はどの株が仕手株なのか知られてしまうと仕手戦が仕掛けけられないため、誰にも気づかれないように少しずつ購入するなどひっそりと行動するため、どれが仕手株かを判断するのは非常に難しいです。

あえて仕手株として狙われやすい株の特徴を上げるとすれば、値動きがほとんどないような低位やボロと呼ばれる株、新興企業が発行したなどの理由で価値が判断しづらい株、これまで出来高がほとんどないような株、発行数が少ない株などが挙げられます。

仕手筋のやり口としてはまず、狙った株を決め、他人に気付かれないように長い期間をかけて少しずつ株を購入していきます。

この株価が安い時期に少しずつ株を購入していく仕手のやり口を専門用語で玉集めと呼びます。

次に十分な量の株が入手できた後、玉集めと比較すると数倍になる量の株を買う事で証券会社の値上がりランクにターゲットにした株を記載するようにし、投資家に注目させるようにします、この際株を売りにも出すため、出来高も急上昇し株価を大きく動かすようにします。

これを専門用語で、玉転がしと言い、この後振るい落としと呼ばれる操作で株価を上げながら売り逃げをし大儲けをするのです。

仕手株の情報を入手するには、様々な方法がありますが、何をもってしても人脈・太いパイプが物を言います。業界歴の長いアナリストを揃えている投資顧問を利用してみるのも一つの手かもしれません。

投資顧問とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です