仕手株を極めて億り人になろう!

株をやっている人なら誰しもが聞いたことがあるであろう仕手株というワード。
でも、実際に仕手株を利用して上手く儲けることができている人は本当に僅かではないでしょうか?

ここでは、そんな雲を掴むような話を掘り下げてどうすれば仕手株と上手く付き合うことが出来るかのヒントをまとめています。

仕手株とは

仕手株というのは、株価が上昇する理由が存在しない状態なのに一部の人間の恣意的な操作で株価が上場している株のことを言います。
こういった操作をする集団を仕手筋と呼び、数人からなるグループが豊富な資金を利用して仕手株を作るというのが一般的です。
仕手筋が行う操作では非常に短い期間で株価が数十倍に上がったり、下がったりというように乱高下を繰り返すので、一発逆転を好むギャンブル的な姿勢で株取引を行う層に人気があります。

続きはこちらから

仕手筋の狙う銘柄の条件

株の初心者はつい「早く利益を上げたい」と考えてしまいがちです。そこで株価がどんどん上がっていく銘柄に注目をしてしまいがちですが、会社の業績がそれほど良くないのに株価が急速に上がっていくのは仕手筋がその銘柄を買い占めているということです。大金を用いて仕手株集団が株を買い占めて株価を上昇させているのです。このような仕手銘柄に初心者が手を出してしまったら大損をする可能性があるのです。

続きはこちらから

有名な仕手筋 加藤あきら

株式市場には様々な銘柄が上場していますが、そのなかには企業が望んでいるわけではなくとも「仕手株」になってしまう銘柄があります。仕手株とは、莫大な資金力を持った集団や個人が特定の銘柄をターゲットに定め、水面下で株式を購入してから大量の売買を行うことで人気のある銘柄だと思わせ、一般投資家がその動きに乗り株価が高騰したところで購入しておいた株式を一気に売却した額の利益を上げるもくろみが立てられている銘柄のことを指します。そして、そういった仕手株を仕込む集団や個人のことを「仕手筋」と呼び、日本の仕手筋として最も有名と言えるのが加藤あきらという人物です。

続きはこちらから

仕手株は情報が命

“株式投資の手法としては、1日から数日の間に取引を完了する短期投資、数週間から数ヶ月にわたって株式を保有する中期投資、さらには数年間に渡って企業に投資する長期投資があります。中でもインターネットが発達したことによって大量かつ迅速な取引が可能となった結果、短期投資が非常に人気を集めました。

こうした短期投資については、従来から仕手株の取引が人気と言えます。またインターネット取引が盛んになると同時に、仕手株に関する情報を提供する様々なサイトも多数現れました。しかし、その多くは基本的には情報料を詐取する業者がほとんどでした。こうした業者に遭遇しないためには、むやみにこうした業者の情報を信用しないことです。

続きはこちらから

仕手株を狙うならプロに聞くべし

“仕手株というのは自ら相場を操縦して利益をあげようとする輩が取り扱う株のことで、これに手を出すと普通の人は大きな損をしてしまうことになります。
仕手株というのは、普段は誰も見向きもしないような銘柄が狙われやすくある日突然吹き上がるので、それにつられて買った投資家が仕手筋の売りをぶつけられ価値のない株を高値で掴んでしまうことになるのです。
仕手筋は上下に揺さぶりをかけて株価を上下させていくので、個人が飛びついても天井で買わされて底で売らされ、更にまた天井で買わされて底で売らされるという繰り返しになり、最終的には天井で掴んだボロ株を売るに売ることができずに、大事なお金をムダにすることになってしまいます。

続きはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です